映画「降りてゆく生き方」スタッフブログ~おそらく毎日更新~

武田鉄矢主演映画「降りてゆく生き方」を広げるために活動するスタッフ・ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

おめでとうございます☆

2011年、明けましておめでとうございます☆
いつもありがとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

ちぇんまいです;-)

みなさま年末、お正月といかがお過ごしでしたでしょうか?!

私は久し振りに、家族団欒の時間、友人と一緒の時間を過ごさせて頂きました。
そんな団欒の時間も、話も語りも、出会いも、景色も、全て「降りてゆく生き方」活動への学びの場となっています!!

昨年末は1週間程「降りてゆく生き方」活動で沖縄におり、

31日23:35に東京羽田着で戻った為、年明けは迎えに来てくれた友人達と車の中で迎えました。

確か「霞ヶ関」付近だった記憶が(笑)

そして、数日前からまた沖縄に帰ってきました

1/30開催の

りんごの生き方
:木村秋則 特別講演 & 映画「降りてゆく生き方」上映 in 沖縄『木村秋則 特別講演 & 映画「降りてゆく生き方」上映 in 沖縄』

に向けての草の根活動です!


みなさま、お知り合いの方が沖縄にいらっしゃいましたら、是非1/30『りんごの生き方』のご案内を宜しくお願い致します。
また是非ご紹介下さい


今年もいろんなことがたくさんあるでしょう。
たくさんの出会いがあるでしょう
全てのことから学び深めてゆきます。

そして、
楽しみながら、私自身1瞬1瞬変わってゆけるように変革してゆく「躍進」の一年にしてゆきます!!

「躍進」の「躍」は踊ると読むそうです。
とにかく全てを楽しめるように!ではなく、楽しみながら、おどるように進んでいきます!!
また、「躍」の右側の「翟」は、鳥が羽を動かして飛び立とうとする姿に由来するそうです

いろいろ創造というか妄想がはじまると・・・・(笑)
なんだか楽しくなってきました!!



本年もどうぞ宜しくお願い致します。

| その他 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪の札幌に行ってきましたー☆

11月の終わりから11日の札幌上映会まで札幌に行ってきました

出会いを下記、日記に記します。


雪に迎えられ北海道に降り立ちました。

雪1


そして上映会までの約10日間、たくさんの方にお会いしました

CIMG5791.jpg
CIMG5792.jpg
CIMG5857.jpg
CIMG5850.jpg
CIMG5783.jpg
PICT0002.jpg
RIMG0062.jpg
RIMG0068.jpg
hosi.jpg


UFOおじいちゃんは80歳、
ボランティアで商店街でカフェを運営をしている明る陽気で温かいお母さん方、
ゲストハウスで1晩一緒だった京都在住の女の子は「ちぇんまいが映画の活動で来てるんだだけで、チケット買って~とか営業してこないから逆に気になって~」と自ら志願しチケットを買ってくれ更に当日のスタッフとしてもお手伝いしてくれたさゆちゃん、
ツイッターやblogで映画とちぇんまいの紹介をたくさんしてくれた札幌にあるゲストハウス「縁屋」の女将ゆきねえ、
「降りてゆく生き方」のモデルにもなっている「べてる」の向谷地さんにはお知り合いの方を紹介いただいたり向谷地さんについて回ったりお世話になりましたそして色々と学ばせて頂きました(写真は当事者研究の場にて)、
医療大学で向谷地ゼミ所属のかすみちゃんはチラシを持って一人でお店に飛び込みしたりと一緒に活動してくれとっても仲良くさせてもらいお家にも2晩泊めてもらい夜な夜な語っちゃいました、
御覧のとおり素敵なおばさま土橋さんは車でお知り合いのところに連れて行ってくださったりと休むことなくアクティブでご友人をたくさんお誘いくださいました、
今回の札幌上映の大元の決定者の村松さんは最後の最後に力を発揮してくださいましたさすがです・・・、
オーガニックマクロビカフェ青い空流れる雲の店長さんとはお店を始めるきっかけや自然栽培などなどお話し最後に素敵な笑顔で送ってくださいました・・・・・・

写真撮るの忘れたりで出会いの全ては撮りきれませんでした。
まだまだ数え切れないほどの出会いがありました。
ひとつ一つの出会いは全てちぇんまいの中にはちゃんと残っています。

みなさん、本当にありがとうございました。
 

そして迎えた当日、キャンセル待ちが出るほどの方々が会場に足を運んでくださいました。


RIMG0029.jpg


大学生主催の異業種交流会に参加させてもらい、1度しか会ってない学生さん達も「お手伝いしてくれたらうれしいです」と声をかけたら来てくれたんです。
とても助かりました。

CIMG5877.jpg
CIMG5887.jpg
CIMG5892.jpg
RIMG0039.jpg
RIMG0041.jpg

最後になりますが、
札幌上映は伊達さん(前列左端)の想いの賜物でした。
大盛況、感動、素晴らしい札幌上映会になったのは、伊達さんの想いに共感し応援してくださった皆さまのおかげです、私と出会ってくださった皆さまのおかげです、そして上映会に来てくださった皆さまのおかげです
今後の伊達さんに注目です!


また、帰りも雪に見送られ、後ろ髪を引かれながら戻ってきました。



| その他 | 01:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「無常」

こんにちは、アキオです。

映画「降りてゆく生き方」の脚本・製作を手掛けられた森田貴英さんは、「無常」という言葉についてよくお話されます。

「無常」...この世のすべてはとどまることなく流転し、移ろいゆく、ということです。

それは、換言すると、すべては常に不完全な状態である、ということです。

不完全だからこそ、常に変化を続けます。
不完全だからこそ、より整合、より安定、より調和をめざして進み続けます。

ではその一方で、完全とはどういった状態でしょうか。

完全な状態とは、「停止」です。
仮に完全、完成な状態があるとすれば、それ以上の変化は臨めません。

ですが、この世の中で「停止」しているものは、何ひとつありません。
すべてが不完全であり、すべてが変化し続けています。
すべては「無常」なのです。

毎日を生きていると、意識的に、無意識的に、何かに固執し、執着することで苦しみに囚われていることが往々にしてあります。
それは、「無常」という自然のあり方、宇宙のあり方に反して、変化、循環を拒んでいるからです。
それは、不自然な行為だからです。


こうした事実を認識すると、生きることがずいぶん楽になる気がします。

| その他 | 02:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奇跡の出会い☆

ちぇんまいです

みなさん、こんにちは。


ご無沙汰しておりました。


先日、


「奇跡のりんご」と「奇跡の出会い」をしました。



それは帰途におこりました。


家の近くに自然食品店があります。
(ここの社長さんは30年前から自然食品店を経営しているそうです!)
あったかな雰囲気のお店はご家族で経営しておられます。
このお店を、私は、‘おじさんの店(←社長さんのこと)’と呼んでいます



おじさん




今日はおじさんの店に寄ろうか、寄るまいか、どちらでもよかったので、どうしようかなと思いながらも、

足はお店に向っていました。





そして、

少しの野菜をかごに入れレジに向かうと、なんとそこには「奇跡の出会い」がありました!!!!!














りん


「降りてゆく生き方」のモデルでもある木村秋則さんのりんごです


昔は毎年、木村さんのりんごもお店に入ってきていたみたいですが、木村さんのりんごが人気が出てここ数年は届かなかったようです。




木村さんのりんごが「おじさんのお店においで」と引き寄せてくれたのかもしれません。

こんな素敵な奇跡の出会いに感動、感謝です。






りんご



※あきおくんのBLOG「無肥料自然栽培とは?」を是非お読みください!!
http://oriteyukuikikata.blog107.fc2.com/blog-entry-172.html

| その他 | 14:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「いのち」の発現 ②

こんにちは、アキオです。

今年は、何度となく白神山地にお邪魔する機会がありました。

多様な世代のブナが茂り、深いブナ林を形成しているのが白神山地です。
数十年の時を経て大木となったブナも存在すれば、まだ数えるほどの葉しかつけていない生まれたばかりのブナも存在します。
そこには、生きたブナのみならず、朽ち果てたブナも混在してします。
そういった朽ちて地に横たわる大木の上には、無数の新たなブナが根付き、生まれていました。

その様子を目の当たりにして思ったのは、新たな「いのち」を生むこととは「いのち」を懸けることであり、それが「いのち」をつなぐことではないか、ということです。

新たに生まれる「いのち」は、単にひとつの「いのち」ではありません。
その「いのち」には、この先にも脈々と続いてゆくであろう、未来の無数の「いのち」が連なっています。
そうやって、いま存在する「いのち」は生み出され、守られてきたのではないでしょうか。

人間界においては、女性が「いのち」を懸けるからこそ、新しい「いのち」が生み出されます。
だからこそ、男性は「いのち」をはって女性を守り、奉仕するのでしょう。

男女平等とは、こういうことである気がしている今日この頃です。


| その他 | 14:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT