映画「降りてゆく生き方」スタッフブログ~おそらく毎日更新~

武田鉄矢主演映画「降りてゆく生き方」を広げるために活動するスタッフ・ブログ

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

わたしがどうなのかだけさー。

はいさ~い

ちぇんまいです

りんごの生き方
の準備で沖縄に来ています。

日々たくさんの出会いに、学びに、感動に、そして皆さんからの応援に感謝です。

そして、日々の出来事、感じたこと、状況のひとつ一つを深める、観てゆく、研究する、森田プロデューサーとの対話から多くの気づきがあります。

是非、森田プロデューサーのツイッターをよんでくださいね☆
(こちら→https://twitter.com/#!/moritatakahide)



さて、出会ってきた方々全ての写真をと思っておりましたが、
撮り忘れてしまったり、カメラが壊れてしまったり・・・と。

皆さんの写真載せられなくてすみません><

飛び込んだお店で、想いの熱い対話に華が咲き長時間お邪魔させていただいたりがよくあります(笑)

昨夜は、そんな飛び込んだお店の一つ、父と同世代の愉快で熱いオーナーさんと(「降りてゆく生き方」の小村君と同じような経験をされて「降り」られた方)、これまた素敵な綺麗なお姉さんと意気投合し、地域のレクリエーションに参加し、その後、夜中まで話しておりました。

年齢は全然違います。
でも、話していて、一緒にいて自然で心地よい場であり、対話の場であります。
決して失礼な意味ではありませんが、気もつかわない。


心地良い場であることは、自然であること、違和感がないこと。

それはただ私がどうなのか、穏やかな心であるのか。

人がどうでこうではないこと(人や事に対する期待など)。

ただ自分がどうなのか、そしてそこにいる一人一人がどうなのかということ。

こんなことを最近感じています。

自分がどうなのか(私、人、できごとの客観的事実認識)だけなんですね。
そうすると、本当に穏やかで、平安で、自然と全てに感謝してるんですね。


穏やかで平安でいられない時、違和感があるときは、
「なぜ穏やか(怒りやイライラ、不安など)でないのは何故なのか?」
「違和感を感じるのはなんでなのか?」
を見てゆくこと(考えること)をしてみるんです。

そこに「妄想」があること、「我欲」や「マイルール(相手は(これは、または自分は)こういう理由で、こうでなければならない、など)」があること、に気づきます!

これだと、自分も苦しいし、人も苦しめてしまいます!

※「期待」等々さまざま気づかされることの多い、森田Pのツイッターを見てくださいね。
 ほんと気づきがありますよ~♪

ライトハウス

おでん


かたちかたち1

ふくもとさん

meemiti.jpg

enn.jpg

tea.jpg

宗像

beechan.jpg

inu.jpg









ある晴れた日の沖縄

tree.jpg


≫ Read More

| その他 | 23:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT