映画「降りてゆく生き方」スタッフブログ~おそらく毎日更新~

武田鉄矢主演映画「降りてゆく生き方」を広げるために活動するスタッフ・ブログ

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

なんでもはじめは1人からはじまる

ちぇんまいです



まずは決意した「一人」が立ち上がること。

一人立つこと。

社会変革といっても、世界の変革といっても、企業の変革、福祉の変革・・・といっても、全ては自分自身の変革から始まる。

あの人が、あれが・・・他人でもなく組織でもなく自分自身。

「一人一人」の変革から始まる。



映画の中にも出てくる言葉「なんでもはじめは一人からはじまります」。


そしてその一人が一人一人に想いを語ること、対話すること。

自然とその想いに連なる一人一人が立ちあがり変革し進んでゆく。



「0」には何をかけても「0」である。
しかし「1」であれば、何をかけるかによってその数は無限に広がっていく。
その「1」を生みだすこと、またその「1人」の、「1人1人」の変革(1人1人が立ち上がること)から全ては始まる、変わってゆく。



「降りてゆく生き方」上映会も同じです。
またおおくのこと(もの)にあてはまることなのではないでしょうか。


上映会を大きな意味のある場、来て頂いた方々にpassionをおもいっきり感じてもらえる場である為に、また自分自身の学びの場、成長の場とする、そして本物の体験を、素晴らしい出会いをえるためにはまずは「一人」立ち上がることなんですね。


上映会をやると決まったらその先はすごくシンプル。
いろんな付属感を引き算してゆくと、

「とにかく沢山の人に映画を観て頂きたい。」

その思い「原点」を語ること。
今の思いを伝えること。



ちぇんまい、
今日はこんなことを対話し感じました。


| その他 | 18:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT