映画「降りてゆく生き方」スタッフブログ~おそらく毎日更新~

武田鉄矢主演映画「降りてゆく生き方」を広げるために活動するスタッフ・ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「縦」のつながり

こんにちは、アキオです。

本年4月に上映で沖縄を訪れ、現地の方にお話を伺っていた時のことです。

Aさん 「明日、うちはしーみーなんだー。」
アキオ 「しーみー、ですか?」
Aさん 「そう、しーみー。」

そこで、沖縄には「しーみー」という風習があることを知りました。

「しーみー」とは、親族一同が墓前に集い、お墓にお酒や料理を供えて御先祖様を供養し、皆でわいわい料理を食べて、歌い踊って酒盛りを楽しむ集いだそうです。

アキオ 「そうなんですか。 どの位の方々が集まるんですか?」
Aさん 「そうだなー、150人くらいかなー。」
アキオ 「!!!」

びっくりです。

僕の家系は、五代先の御先祖様が明治の時代に北海道に入植し、以来その土地で代々農業を営んできました。
そういった歴史が文献に残っていたり、祖父や祖母から話を伺っていたものですから、家の歴史をある程度知っているつもりでいました。

ところが沖縄では、十代先くらいの御先祖様については誰でも知っているそうです。

その話を聞いて思ったのは、「沖縄の方々と接するなかで感じる温かみとは、自らの歴史を知っていることにあるのではないか」、ということです。


自分とは、偶然ポッと出てきた存在ではありません。
途方も無い時間軸の中で、脈々と続く御先祖様の存在があって初めて誕生した自分です。
そうすると、いまここに存在する自分とは、これまで何十代、何百代と続いてきた御先祖様の歴史の最前線に位置する存在です。

また、そういった意識で考えると、自分ひとりの存在が自分ひとりではありません。
ひょっとすると、いわゆる「自分ひとり」、という概念すらないのかもしれません。

そして、自分と同様に、自分以外の人間もそれぞれの歴史、物語を持つことを認識すると、他人との接し方が変わってくることも必然です。
誰もが互いの歴史、物語を認識、尊重することができれば、互いを貶めたり、
あたかも自分ひとりでこの世を生きているような厚顔無恥、無知蒙昧な思考に至ることはないのかも知れませんね。


「つながり」といえば、社会的な「横」のつながりをまず連想しますが、歴史的な「縦」のつながりも意味深いものです。
誰もが社会的な「横」のつながり、そして歴史的な「縦」のつながりが複雑に絡み合うその接点で生かされています。


来週もまた沖縄に行ってまいります。 
素晴らしい出会いを求めて。

| 映画で出会った仲間 | 14:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まだ夏は終ってないゼ!

こぶしです!

はや9月。。。

ダイジェストでこの夏をご紹介します!

●7月16日から新潟入りし、約1ヶ月間、降りてゆく生き方の撮影でもある今代司さんの蔵の中で居候させて頂きました。

起きたら即撮影場所には感動の日々でした。

蔵は気持ち良い☆

新潟を走りまわりました。

新潟広し!

僕の家ではないので、僕の家みたいには言えませんが、

新潟へ行った際は、お立ち寄り下さい!!

8月17日はお陰様で満員御礼でした!



●そのまま東京へ戻り、8月21日は千代田上映でした!

食に関心のある方が大変多かったと思います!

そして、なんと!わざわざフランスから映画を観に来て下さった方がおられました。

驚きの余り、舞台上で、台詞が飛びました。

でも感謝!


●そして翌週は、愛知!

愛知では3回上映で、3回目は屋外上映!

遊具のない森の幼稚園で上映したのですけれども、森と映画が一体になっておりました。

日が落ちる時間の流れと、映画が刻む時間には感動です

あと、子供たちが元気すぎです!


●翌日は神戸上映!

もちろん、体にムチ打って愛知上映後、移動です。

尊敬する安藤忠雄さんの設計した美術館での上映。

単に美術館に来ただけではなく、映画上映という形で建物を満喫できた事に一人感動していました。

それぞれがそれぞれの出来る限りを尽くした末の上映会でした。

だからこそ、語り尽くせぬ感動と喜びがあったのだと思います。

長の一念が人を呼び寄せ、満員になったのだと思いました。

この夏、3回オイル交換しました。

| 映画で出会った仲間 | 01:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金沢での出会い

ちぇんまいです

まだ富山にいます♪

昨日は金沢に行ってきました。


寺田本家さんからご紹介頂いた、
木糀商店さんの木さん、自然食品店ののっぽくんの小浦さんにお会いしてきました。

みそ4

180年の古き素晴らしい趣のある建物です。




みそ

とってもとっても、素敵なご夫婦なんです奥さんの肌がきれいなこと奇麗なこと。味噌を毎日食しているからかしら、と。ホントに素敵な御夫婦なんです。




みそ2




帰りに「金沢まで来てくれたので」とおっしゃって下さり、お味噌を頂きました



m.jpg

富山に戻り早速味噌汁を作りました。
とってもとっても美味しい~
ちぇんまいの大好きな味の味噌です!!

木さん、ありがとうございます。

皆さんに支えられ、生かされています。




つづいて、
自然食SHOPの「のっぽくん」にうかがいました♪

のっぽ

会った瞬間、前々から知っていたかの様な、そして既に映画を観てくださっていたっけ?と思うほどの出会い。
また再会だったかな?と感じる程の新しい出会いでした!
右端の小浦さんご夫婦、これまた素敵なご夫婦で!!お父さんは、大阪の知人伝えでプレ上映映像を観ておられ、既に映画を観たかのようなしゃべりで、いろんな方に「降りてゆく生き方」を語ってくださっていました☆
とっても嬉しかった~





こころよく歓迎してくださる木さんご夫婦、のっぽくんの小浦さん、そしてお世話になっている&今後なるであろう皆さんに心より感謝するとともに、私自身もいつでも心をOPENに迎えられる心のゆとりのある人になりたいと思うちぇんまいでした。





| 映画で出会った仲間 | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ウサギ」と「カメ」

こんにちは、アキオです。

先日、しばらくぶりに「ウサギ」と「カメ」の物語を聞きました。

そうです、ウサギが居眠りしている間にカメがウサギを追い抜いた、という話です。

歩みの鈍いカメを軽んじて怠けたウサギ、着実に歩き続けたカメ...さて、両者の目的は何だったのでしょうか。

ウサギが居眠りしたのは、カメがまだまだ遠く後方にいたからです。
カメに追い抜かれることはない、そう考えたからです。

つまり、ウサギの目的は「カメに負けないこと」でした。

一方で、居眠りするウサギに目もくれず、なぜカメは前に進み続けたのでしょうか。

それは、カメの目的が「ゴールに辿り着くこと」だったからです。 
「ウサギに勝つこと」ではなかったからです。 


振り返ってみると、一所懸命に活動すると、ふとこう思ってしまう時がありました。

「自分はこんなに頑張っているのに、仲間の○○○さんにはまだ余力があるように見える...」

そうやって、物事が上手くいかないことを人のせいにしていた自分を、今とても恥ずかしく思います。

他人と比べてどうとか、他人がどうだからとか、そんなことは関係ないんですよね。 
結局は、自分に対して自分自身が納得するか、それしかないからです。


自分自身が前進したいのか、やり続ける自分を信じられるのか。 


目的を見失わないよう、穿き違えないよう、これからもがんばります!!

| 映画で出会った仲間 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「子供のために」

こんにちは、アキオです。

今日も昨日もそして明日も、とにかくたくさんの方々との「出会い」と「対話」に恵まれている毎日を過ごしています。 

まさに旅人です。


さて、先日のプレ上映での話です。
その日は10名程度の参加者がいらっしゃって、そのひとりに、大学生の息子さんを持つお母さんがいらっしゃいました。
お母さんは、息子さんの将来をとても心配されている様子でした。 

「息子が社会に出て、自立できるかが心配なの...」
「息子が自立するために、私には何ができるのかしら...」

混沌としたこんな時代です、お母さんが子供の将来を憂えるのも当然だと思います。

そんな時、僕はふと自分の母のことを思い浮かべました。


僕は高校卒業後、18歳でアメリカに単身留学しました。 
自分で言い出したことなので、僕はひとり心躍る毎日です。 

その一方で、僕がそんな突拍子もないことを言い出したその日から、母親はきっと心配で心配でたまらない毎日を過ごしていたことでしょう。
そりゃそうです、別に英語が話せたわけでもありませんし、アメリカに行ったことすらない僕ですから。 

ですが、お陰で僕は生きる苦労を味わい、生きる喜びを体感しながら、10年以上に渡ってアメリカで貴重な経験を積む機会に恵まれました。

それもこれも、母の「黙って見守る」という大きな支えのお陰です。
本当に頭が上がらない気持ちでいっぱいです。


僕自身がそうだったのですが、親の心配、不安は、言葉にせずとも確実に子供に伝わります。
そうすると、誤解を恐れずに言えば、子供は親の顔色をうかがい、機嫌をとるように行動するようになります。
そうやって子供は親に囚われてゆきます。

お利口さんな子供であればあるほど、です。

子供が親の心配、不安に囚われているなんて、親はまず意識しないでしょう。

ですが、そう考えると、親のあり方が見えてきます。
子供の自立のためには、まずは親自身が自らの心配、不安を把握し、脱却しなければならないのでしょう。

つまり、親の自立こそ、子供の自立なのかも知れません。
そうであるとするならば、「子供のために」というのは実は親のエゴ(あるいは「自分の都合」の言い訳)で、それよりもまずは「自分が人としてどうありたいのか」ということを追及することこそ親の真の役目ではないでしょうか。

そのためには「出会い」と「対話」を重ね、真の自分に気付いてゆくことしかないと思います。
まさにプレ上映がその場です。 

ぜひ、語り合いましょう。 
プレ上映の場でお待ちしています。 

| 映画で出会った仲間 | 01:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT